治療関連企業への転職

看護師の職場は医療機関だけではなくなってきています。実際に看護師が働く場所や幅が広がってきているということなのです。その中では、治験関連企業に勤めたいという看護師も増えてきているのが現状です。
看護師が治験関連企業において働くという時には、仕事として大きく分けると2つになります。まず1つ目は患者に対して治験のメリットやデメリット、そして内容についての説明をして、スケジュールを調整してデータ収集を行うという治験コーディネーターと呼ばれる仕事です。これはCRCとも呼ばれています。
2つ目には治験を実際に行う医療機関や担当医師を訪ねて、治験の計画がきちんとされているのかを確認して管理をするという臨床開発モニターという仕事です。これはCRAというようにも呼ばれています。
これらの仕事については、薬剤や病気に対しての専門的な知識が求められます。そのため看護師にとっては最適な働く場所とも言えるのです。
そして医師や患者、医療機関に対してのコミュニケーション能力というものも必要になってきます。元々人とのコミュニケーションが得意という看護師でしたら、スムーズにこの仕事に就くことが出来るのではないでしょうか。
病院に勤務をしていたということで、既に人とのコミュニケーションを取ることが上手に出来るという看護師は多いです。そのため、そういう看護師は、この仕事に向いているということになるのです。
そして優遇されることもありますので、ぜひ今の場所からのステップを踏んでみるというのも良いのではないでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Powered by http://wordpress.org/ and http://www.hqpremiumthemes.com/